手術後の1週間は注意しておけば大丈夫

包茎手術を受けるとなると、気になるのは手術を受けた後どれ位の期間で生活できるのかではないでしょうか。
包茎手術の方法はいくつかの方法があります。
皮を縫って手術をする方法と、皮を縫わずに手術をする方法があります。

 

皮を縫って手術をするのなら、手術後の2週間後に抜糸をすることになりますので、再度病院に通うことになります。
両方の手術ともに、手術後の1週間は特に丁寧にその部分を扱うことを心掛けることです。
シャワーを浴びるのはいいのですが、シャワーを患部に当てないことやお湯に浸からないなどをしなくてはなりません。
とにかく、刺激を与えないようにいたわることです。
運動や仕事もあまりにハードなことは控えるようにしているのが無難です。

 

飲酒も1週間は控えるようにした方がいいでしょう。
この1週間を乗り切れば、後は生活するための支障はありません。
そして、セックスについてですが、手術後の1ヵ月は控えるようにすることです。
手術をすれば早く試してみたい気持ちになるのは分かりますが、ここは焦ることなくがまんしておくようにして下さい。

 

この期間さえがまんすれば後は問題ありません。
以上のことを注意しておけば大丈夫です。

 

もしも手術後に気になることがあれば病院に行くことで経過を診てもらえますので安心です。
最後に費用についてですが、包茎の度合いによって費用が変わってきます。

 

仮性包茎は費用が安く、真性包茎の費用は高くなってきます。
それでも10万円~20万円ほどの費用で手術を受けることができます。