包茎手術で切りたくない人は縫合か接着剤がお勧め

包茎で悩んでいる人であれば一度は包茎手術というものを考えたことのある人はいると思います。

しかし、包茎手術といえば余っている皮を手術で切除するという大掛かりなイメージがあり中々手術に踏み切れない人も多いと思われます。

 

しかし、最近では包茎手術といっても必ずしも皮を切除する処置ばかりではなく、皮を切除せずして包茎を治すという方法もあるのです。

その方法として最初に挙げられるのは皮を剥いた状態で皮を陰茎の根元と縫い付けてしまうというものです。

 

つまり基本的に常に皮を剥いた状態にしているということで完全に包茎を脱することができます。

しかし、皮を切除しないまでも縫合するということに抵抗を感じる人はやはりいると思います。

 

縫合するということは少なくとも皮に針を通すのですから不安を感じるのは当然です。

そんな人には接着剤で皮を剥けた状態に固定する方法もあります。

 

もちろん手術用の接着剤で人体に使用しても害のあるものではありません。

ただ、この方法は切除や縫合と違い接着剤で皮を固定して向け易い形状にするという意図が強いです。

 

その為、包茎改善というよりは性交に不具合の無いようにするくらいに考えた方がいいかもしれません。

ただ接着剤での処置の場合、切除や縫合に比べてコストが安価です。

 

仮性包茎の手術の場合は保険が適用にならない場合も多々ありうるので、できる限り費用を抑えて包茎の改善をしたいと考えている人にはお勧めの方法です。