仕上がりの美しさを重視して包茎術式を選択

包茎手術における術式の選択は非常に重要なポイントとなります。

男性は入浴時や放尿時に毎日自分のペニスを目にする訳ですし、性交の際はパートナーにも見られることになりますから、後悔をしたくないというのが当然です。

 

そこで術式を選択する際には包茎手術を受けたことを忘れてしまうような仕上がりの美しさに重点を置くことにします。

 

もっともオススメの術式は「亀頭直下埋没法」です。

亀頭のすぐ下の部位で縫い合わせますので手術跡が目立ちにくいのが特徴であり、包皮小帯を切除する必要もありません。

 

環状切開」のように皮膚の色の違いが目立つようなことも少ないので、美しく仕上がることもポイントの一つです。

多くのクリニックで採用されている術式ですので安心ですし、複数のクリニックにおいて手術件数や実績などを比較しやすいと言えます。

 

背面切開」いわゆるバックカットという術式であれば、包皮を切除することがなく、小さく切開するだけなので傷跡も治りやすいですし、目立ちにくいい方式です。

 

切除をしないので手術のおける体の負担も少ないですし、短時間で終えられるのも魅力です。

さらに一部のクリニックでしか行われていませんが「複合曲線作図法」では、切除する部分を亀頭の形に合わせるので、うまく傷跡が隠れるという方法もあります。

 

このように、仕上がりの美しいペニスを手にするには、しっかりと採用されている術式を調べた上で、クリニックを訪ねることが必要です。